早漏のこと @ 30 11月 2013, コメントは受け付けていません。

早漏でも極めて射精が早いのが極度の早漏と言われており、パートナーにコンドームをつけてもらっている時に射精してしまうことや、前戯の最中にパートナーの感じる声を聞いただけで射精する事もあります。 こうした極度の早漏は改善するのに時間が掛かってしまいますので、パートナーを長期間も待たせたくないという男性は、病院に行って薬を処方してもらうのが良いと言われています。

極度の早漏の場合は、内面的な原因が大きく関わっていると言われており、妄想力が強い人や外的な影響を受けやすい人がなりやすいので、心療内科や精神内科で診てもらうのが良いのです。 このような事に加えて、肉体的な原因を改善していくのが良いと言われており、亀頭の感度がいい男性はお風呂の中で亀頭を擦るなどして、亀頭が刺激に強くなるようにしましょう。

また極度の早漏を早く改善するには、本人のやる気次第でもありますので、パートナーを満足させることを目標にすれば、頑張れるのではないでしょうか。

早漏に大きく関わってくるのがメンタル面と言われており、早く射精してしまうのを常に思い描いていると、射精感を増幅させてしまうと言われていますので、早漏はこうした暗示はかけないほうがいいのです。 また早漏の男性はパートナーとセックスを行っている時に、いつものように射精を早くしてしまうだろうと、知らない間に自分で暗示をかけていることが多くあると言われています。

だからセックスを行っている時には、全く関係の無いことを思い浮かべて、気持ち良くないと暗示をかければ、射精を遅らせることができます。 そうすることでメンタル面は改善することができていくだろうし、肉体的なことはピストン運動を止めるなどして、亀頭に刺激を与えないようにすれば良いので、まずは自分に言い聞かせるように暗示をしましょう。こうした暗示はパートナーに失礼ですが、パートナーのために頑張っていることでもありますので、上手く行って早漏を改善してください。