# 包茎手術後から1か月経つころにはどんな状態になっているのか

包茎手術のこと @ 05 2月 2014

包茎手術後から1か月経つころには、抜糸も終わっていると思うので手術直後のときと比べれば大分快適な生活が送れていると思います。 人によりますが性行為やマスターベーションも、包茎手術後1か月も経っていれば解禁しても大丈夫かと思います。

ですが、治りの早さには個人差がありますので、1か月経っていても性行為やマスターベーションがまだできない状態であったり、普段から違和感が拭えなかったりとさまざまな弊害があるみたいですね。 傷口もまだ完全に塞がっていなかったりする人も中にはいるらしいです。 それでも、見た目は1か月経てば大分良くなっていると思います。

また、包茎手術後しばらくは、亀頭への刺激にあまり慣れないかもしれません。 今までの生活とは違い、常にパンツと擦れるので仕方ないのかもしれませんが。 数週間もすれば刺激に慣れると思うので、頑張って耐え抜きましょう。 特に真性包茎の方はとても大変だと思うので、覚悟しておいた方がよいかもしれません。

包茎手術後の入院は、必ずしも必要と言うわけではありません。 包茎手術自体は、1時間前後で終わると思いますし、その後入院する人もいれば、しない人もいます。 入院するメリットとしては、 急な事態に臨機応変に対応できる しばらくは状態を安静にできる などがあるので、余裕がある方は入院した方が良いのかもしれません。

入院と言っても大体は数日程度だと思うので、深く考える必要はないと思います。 術後の数日間、あまり動かなくて良い状況は結構ありがたいものだと思います。 包茎手術後の生活の負担を少しでも軽くしたい方は、入院をお勧めします。 また、局所麻酔で手術する方は即日帰宅できますが、全身麻酔や下半身麻酔などで手術する方は入院を強制させられると思います。

入院しない方は、術後一週間ぐらいは激しい運動を抑えましょう。 近くに病院がない方はなおさら急な事態に対応できないので、術後しばらくはそのようなことを意識して生活しましょう。名古屋市内での包茎手術を受けた私も、術後一週間くらいが戦いでしたね。痛み止めがあったので、それほどでもなかったのが事実ですが…。ちなみに、名古屋市での包茎手術をご検討中であればこちらを参考にしてみてください。名古屋にある数ある包茎院の中で特に高く支持されている病院です。

Comments are closed.