包茎手術のこと @ 21 6月 2014, コメントは受け付けていません。

包皮を切るタイプの手術、または切らないタイプの手術や長茎術など、包茎手術にも様々な方法がありますが、どのような手術であっても、包茎手術を受ける日というのはできれば仕事が長期の休みになる前日などに設定することがオススメです。

とくに、包皮を切るタイプの手術の場合は、個人差もあるのですが、切って麻酔が切れたら動けなくなるほどの痛みで鎮痛剤が欠かせなかったという方もおられますし、出血がひどい場合もあります。

切る手術の場合は、傷がついている患部の包帯を自分で交換しなければいけないという事もありますし、長期のお休み前に手術を受けると仕事に影響が出にくくなります

ただ一方で、ほとんど痛みも出血もなく、すぐに回復をしたという方もおられるので、手術に対しての耐性がある方や、痛みに強い方などは全く平気だったという場合もあるようです。

例えば、仕事が土日休みの方の場合は、金曜日に有休を取って金曜日に手術を受け、土日はきっちりと体を休めて回復に充てるという方法もありますし、お盆休みや年末休みなどの長期休暇に併せて手術を受けるというのも良いですよね。

自分は痛みには強いし、自信もあるという方でも、性器は男性の急所とも呼ばれる非常にデリケートで痛みを感じやすい場所ですから、なるべく大事をとって傷の回復のために体を休めるという事も大切です。

包茎手術後は患部を清潔にし、傷跡が残らないように、包帯を変える時などに気を使って丁寧なケアを心がけるようにしましょう。大阪市での包茎手術なら、こちらのサイトが参考になります。包茎手術 大阪をチェックしてみよう!